4次元の世界・異世界に行く方法?

不思議な話
この記事は約3分で読めます。

前回のパラレルワールドの記事に引き続き、今日は4次元の世界について書いてみようと思います。

Sponsored Link

4次元とはどういうものなのか?

4次元(よじげん、4次元)は、次元が4であること。次元が4である空間を4次元空間と呼ぶ。

なおここでいう空間とは、物理空間に限らない。数学においてはユークリッド空間をはじめとしてベクトル空間や多様体など次元を考え得る空間や対象は様々ある。<Wikipedia参照>

難しすぎて、理解ができない私 → (;´∀`)

この動いてる画像は、「回転する四次元立方体」を三次元に投射したアニメーションです。見れば見るほど不思議なアニメーションですね。

こんな私でも身近で、耳にしたことあるのはドラえもんの「四次元ポケット」くらいかな。

ドラえもんのポケットってあんなに小さいのに、ポケットの内部は四次元空間になっていて、無限にものを収納できるようになってる。しかもポケットより大きなものも出せちゃうから不思議。どこでもドアとか出しちゃうからね(´艸`*)ああ、このポケット本当に欲しい!

Sponsored Link

次元の種類

あと一般的に言われている次元の説明だと

0次元・・・・・点の世界

1次元・・・・・線の世界

2次元・・・・・面の世界

3次元・・・・・立体の世界(私たちがいる所)

4次元・・・・・3次元の縦・横・高さの他にもう1つ「時間」という軸がある未知なる世界

Sponsored Link

神様のいる次元は?

ネットで調べてみると11次元まである説なども目にしたりして、よくわからなくなります。人は死ぬと四次元の世界に行くのかな?って思ったり。

そして神はおそらくですが、すごく上の次元にいるのかもしれませんね。

地球の中でいろんな宗教があったりする中で「神様・仏様」が出てきますが、この次元の話から考えて行くと、は地球の枠の中だけにとどまらず、宇宙規模の物ではないかとさえ思ってきます。宇宙をつかさどってるんじゃないかなって。

Silhouette of a man in a fog.

Sponsored Link

ネットで、見た衝撃の「異世界にいく方法」

これは、「4次元」ではなく「異世界」だから、どの次元かはいまいち不明ですが(2次元という説あり)、異世界にいく方法として出ていました。でも本当に行ってしまったら戻ってこれないし、すべて自己責任でお願いします。

<必要な環境>

10階以上あるエレベーター+異世界に行きたい人間

<必要な手順>

自分1人だけでエレベーターに乗る

エレベーターに乗ったら4階ボタンを押す、4階についたら降りずに2階ボタンを押す。同様に6階、2階、10階と移動する

(1Fスタート4階.2階.6階.2階.10階)

10階についたら降りずに5階を押す

5階についたら若い女の人が乗ってくる(絶対に話しかけてはいけません)

女性が乗ってきたら、1Fを押す。

エレベーターは1Fにはいかずになぜか10階に上がっていきます。

※10階に上がるまでに途中の階を押すと失敗します。ただし辞める場合はこれが最後のチャンス。辞めたい人は他の階を押せば異世界には行かない。

9階を通り過ぎたら・・・・・ほぼ成功したと思っていいです

<成功を確認するたった一つの方法>

もし、成功していたら・・・・その世界にはあなたしかいないそうです。

その先は、どうなるかはわかりません・・・・。

<備考>

5階で乗ってきた女性は人ではないそうです

youtubeで、「異世界へ行く方法」と検索すると、実際これを実験している人の動画が色々でてきます。

いろいろ出てきた動画を見てて、私が一番ヤバ!!!!と思ったのはリュウイチさんの動画

これが編集だったらすっごくうまいなって思います。

編集じゃなかったら・・・・・・怖すぎです。・・・・だって・・・・

・・・・あの乗ってきた人ダレ???

・・・・・・あなたは、自分しかいない世界に行って、戻れなくなるとわかっていてもやってみたいと思いますか?5階から乗ってきた人も10階で一緒に降りるんでしょうか・・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました