事故物件

心霊・オカルト
この記事は約6分で読めます。

事故物件(じこぶっけん)とは、広義には不動産取引や賃貸借契約の対象となる土地・建物や、アパート・マンションなどのうち、その物件の本体部分もしくは共用部分のいずれかにおいて、何らかの原因で前居住者が死亡した経歴のあるものをいう。ただし、死亡原因によって事故物件と呼ばないものもあるなど、判断基準は明確に定まってはいない。

「事故物件」。実は、私も1度だけ行ったことがあります。

昨日のブログに書きましたが、以前アパートに住んでいて、今住んでいる中古の戸建てを買う前に、不動産屋に行って、いくつか候補をあげてもらい、物件を案内してもらったんです。

当初、中古を購入し、リフォームして、好きな感じに工事して住む計画でした。

1か所目は築30年の古い家。なんとなく雰囲気が好きな感じじゃなかったのと、うちの置きたい家具が置けないので却下。

2か所目は新築の戸建て。全体が白いトーンで綺麗なおうち・・・・でも周りに何もなく、小学校も非常に遠く、家具も置けなかったので却下

3か所目は、道路に面した築10年の戸建て。ここは・・・・・部屋が悪いっていうわけじゃないけど、国道沿いで、騒音が気になったのと、子供が飛び出しそうで怖いのもあり却下。

そして、問題は4か所目でした。ショッピングモールの近くだし、駅にも近いし、生活にはとても便利そう。6LDKという部屋数の多さ。しかも金額が安い。680マン、、、、。夫は話を聞いてるときからノリノリ。不動産屋もやたらテンション高いし、私はちょっと物件案内のときも静かに考えてました。なんだか最初から私はあまり興味がなかったように思います。6LDKだけど、4部屋は4.5畳でロフト付き。子沢山なご家庭ならいいかもしれないけど。

私は、きっと何かを感じたと思うのだけど。いきなりビデオカメラを録画セットして、入り口入る前からビデオ撮影を始めたんです。最初から最後までずっとです。我ながらなんで録画したかもわかりませんが、一番ビビってたのは不動産屋の担当でした。

 

「物件を案内しててビデオで撮影している人って、ぼく始めてみました」

 

・・・・・・私だって、初めてですよ?

写真は撮ることあるけど、動画なんて撮ったことない(;・∀・)自分でも、そもそもいきなり動画を撮ろうって言い出したのかも不明でした。

 

そして不動産屋が、そのうち話始めたんです。すごい冷や汗で。

私はそのころ、体に異変が起きていました。

頭が割れるように痛いし、吐き気があります。・・・・でもビデオは回してます。つらくなってきてからは、もうビデオは撮影できず、座って休んでました。ビデオカメラを回したまま食卓のテ-ブルに起きっぱなしです。

 

不動産屋からのアドバイスで、食卓で休むよう言われ、3人で腰かけました。

「すみません、突然体調が悪くなってしまって・・・・・・」

すると不動産屋のお兄さんがポツリポツリと話し始めたんです。

・・・・・じつは、言うかどうか悩んだんですが、お客さまにはお話しします。本当は話さなくてもいいんですけど・・・・・・ここの家は、以前いろいろありまして・・・・・・

 

(要約すると)

この斜め向かいの家で数年前に殺人事件があった。

殺されたのは、30代の主婦。

殺した相手は、まだ若い20代の青年。

青年はギャンブルにはまり、借金を繰り返していたが、金に困り、遊ぶ金欲しさに向かいの家に行き、主婦を脅かし金を取ろうとした・・・・が、不審に思った主婦が騒ぎだしたため、焦って殺してしまった。

ナイフで首に刺した傷で、主婦は玄関で失血死。

第一発見者は10歳の息子だったそう。

・・・・・・・いま、一緒に内見しているこの部屋は、その殺人者の家。

家族を失った斜め前の家の人は、今も住んでいる。

不動産屋では、瑕疵物件について説明しなければいけない義務があるけど、それは売りに出しているその部屋の1つ前に住んでいた人・事についての情報のみ。

 

いま、見ている物件は、物件自体で言えば誰も亡くなってはいないし、話さなくてもいいのだけど、わたしがビデオを撮影していたり、体調がおかしくなっていることと、すごくいいお客様だから、話さないことが心苦しくなった・・・・とのことでした。

 

私は、聞いてはいるけど、激しい頭痛でもうそこにはいられないと思い、夫に、「帰ろう」と小声で話しかけたけど、夫は、目を輝かせてノリノリになっていた。

 

今時。680万円で6LDKでなんか買えないし、こんないい話はない!!

気になるならお祓いをしたらいい。気にしなきゃいいだけだし!!

 

そう、ノリノリになりながら話す夫が、私からしたら一番こわかった(汗)

申し訳ないけど、私はここには住めません。この場所に長くとどまることもできない。頭痛と吐き気でおかしくなりそう・・・ってことを伝えました。

この家には、「悪い念」が家のアチコチから感じられ、部屋が暗く感じる。きっとお祓いしてもそれは消えないし、仮に消えたとしても、体調がわるかったりケガをするたび、すべてその物件のせいにしてしまうと思う。そんな家に大切な家族といられないし、友達も呼べない・・・・・と、説明しました。

お母さんを殺された一家も、今もまだ住んでいる。。。。。

自分が殺したわけじゃないけど、そんな事実を知りながら近所付き合いをしていくのもつらくなりそうだし、どちらにしても無理だなと思いました。

 

その日は、もう別の物件を見に行く余裕はなくなり、私は寝込んでしまいました。熱を出したんです。その翌日、不動産屋から朝一で電話が入り「今朝1番で新しく出た物件があって、すごくいいからいってみませんか?」というものでした。

FAXしてもらった間取りの紙は、ひどいものでした。まだ間取り図を作る前の。大体の部屋の形だけしかない、図面のコピーです。でも、なんとなく見に行きたいという直感で、開店してすぐ見に行き、行ってみたら築浅のすばらしい物件で、置きたい家具も問題なく置ける。ショッピングモールが目の前。すばらしい環境で、運命を感じた私は、すぐに申し込みをしました。

それが今住んでる我が家なんですけどね(笑)

 

問題がある物件・・・・・・なんて本当に、あるんですね。

 

・・・・そういえば、気になっていることがあったんです。

昨日のあの家で録画してた動画のことを・・・・・。私は気持ち悪くなるから、夫に確認してもらうことにしました。「再生ボタン」を押してみたのですが。。。。。。SDカードエラーになり、見ることができなくなってました。

そのままフォーマットしてしまいました。夫曰く、昨日は見れたそうです。ちょっと見てすぐ止めたみたいですけど。

 

私は、亡くなったお母さんの無念な気持ちが、悪い形になり、ここにとどまっていて、誰かに聞いてほしい、助けてほしいと、願っていた気がします。たまたま波長が私がそのエネルギーを敏感に感じ取って、ビデオを撮影するという行動をとったんじゃないかと思います。じゃなきゃ、興味もなかった物件を最初からわざわざ動画撮影するなんて、普段の自分は絶対するはずないと思うので・・・。

 

あ、そういえば皆さん「大島てる」ってサイトを知ってますか?

全国の事故物件を、掲載してるサイトなんですけど

・・・・・それで見てみたら、殺された主婦が住んでいる

斜め向かいのその家も掲載されていました・・・・。

でも・・・・・掲載されていなくてもすぐ近くの例の家にも住まないほうがいい気がします。不動産屋的には人が直接亡くなっていない物件なら、事故物件にはならない。だから説明しなければ安さだけで住んでしまう人がいるかもしれないけど、良くない念が部屋に満ちているし・・・・・売買物件なのに、数年で何回も人が入れ替わってること自体、ヤバいことを物語っています。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ  

選んだ色で本当の自分がわかるオーラソーマの無料カラー診断。

他にも気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました