嫉妬と束縛

不思議な話
この記事は約4分で読めます。

盲目にはご用心

「恋は盲目」とはよく言った物で、好きになってしまうと一直線になるタイプの人がいます。相手のすべてが良く見えてしまうし、悪いところも気にならないし、嫌なことも許してしまう・・・・・それが大昔の私でした。

以前、「ダメ男製造機」という記事を書かせていただいたんですが、私の男友達から昔「忠告」を受けたんです。

「私ってなぜか【ダメな男】ばかりに好かれちゃうんだよね」・・・・って言ってるけど、ダメな男にしてるのはむしろPONだよ。

なんでも、先読みして動いてしまう私。

・・・・・・頼まれてもいないのにやってあげちゃう。

無意識でなんだけど。

いつも相手のために一生懸命になりすぎちゃうところがありました。

相手にとっては、楽でしょうね(笑)

でも、だんだん、好意依存に変わって行くんです。

好意と依存の関係性

何かしてもらうことが当たり前。

逆にしないときがあると「なんでやってくれないの?」って。

そして、私がいないと生きていけない「ダメ男」に・・・・。

私も男友達に言われるまで、そんなこと考えもしてなかったのですが、そういう男たちには同じような傾向がありました。

それは「束縛」です

(一番ひどかった人の話を思い出して書きます)

  • 女友達と飲みに行くと言ってもダメと言われる。
  • 職場にまでわざわざ迎えに来る
  • 眠いのに夜中の3時まで寝かせてもらえずビデオ鑑賞に付き合わされる
  • 相手が平日のオフの日だと「今日は仕事を休んで」って言われる。
  •  〃 酷い時は、朝の5時すぎ位でわざと目覚まし時計の電池を抜かれる 

他にもいろいろあるけど・・・・・半同棲していて、毎日そんな生活でした。今思うとちゃんと男性を見抜く力が当時の私には全くなく、すぐに「別れ」るのも嫌だった。その彼は付き合っても長続きしたことがなかったそうです。

今なら、「そりゃそうだろ!!!!」って思うけどね(笑)

当時の私は、変な方に考えてしまったんです。

「今まで恋が長続きしなかったあなたの歴史を私が変えてみせる」的な感覚ですね。半分意地のようなものでした。

でも、そういう相手なので、やっぱり色々苦痛でしたね。

目覚まし時計を朝の5時過ぎで電池を抜かれた時は、時計は止まってしまってる訳ですよね・・・・。でも、夜中までビデオ鑑賞に付き合わされている為、音が鳴らなければ眠すぎて起きられないわけです。目覚めた時は朝の10時とか。会社勤めでそんなことありえないし、私自身の信用問題に関わります。でも、相手はそんな事より、自分と一緒の時間を過ごしてほしいって思われていたわけです。もう狂っていますね。すぐに別れなかった私も狂っていたんですけど・・・・・・。

そして、その人と半同棲するようになって私の中の不思議な力?が開花してしまったんです。

心霊現象と体調不良

毎晩、金縛りに襲われ。

ラップ現象など謎の音が常に聞こえてきて。

私自身も悪い方へ向かうようになってしまいました。

真面目で頑張り屋なキャラだったはずの私が、「倦怠感のかたまり」みたいになって、それに対する罪悪感も感じなくなってしまう。人間としてはダメな部類の種に属していたと思います。

相手の男性から常にうけている「強い念」。

相手の男性と昔付き合って関係があった女性からの「嫉妬の念」。

今思うと、そういう強い念があったように思います。(当時は気づかなかったんだけどね。)

体調を崩しやすくなったのもその頃です。

私を守護して護って下さっている方も、どうしたら(その行為は間違えている、恋ではないと)気づかせられるか・・・・と思ったことでしょうね。

2年付き合って、限界を感じた私から別れを切り出し、終わりました。

その後はすっかり懲りてしまい・・・・(;´∀`)

今でも、誰かに束縛されるのは大っ嫌いです。女性にモテる人も苦手です。いわゆるイケメンと呼ばれる人も苦手です。イケメンでも、素敵な人だって沢山いると思いますけど、私は自分自身が誰かに対して「嫉妬」するのは避けたいんです。自分の魂がひどく消耗する感覚を覚えるからです。だからいろんな女性からモテモテで機会があれば浮気してしまう可能性がある人は絶対パートナーとしては選びません。

私の夫は、束縛を全くしない人です。

もう「ダメ男」にしないために、付き合いだしてからずっと言いたいことははっきりと本人に行ってます。ダメなものはダメだし、オカシイものはオカシイと言ってます。喧嘩もするしね。

人の念って・・・・・結構怖いですよ。

生きてる人間の念が一番恐ろしく厄介かもしれないですね。

「神秘ism」はランキングに参加しています♪

この記事が参考になりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました